100個分

しじみが食されている時期

しじみが食べられていた時期というのは今よりかなり古い時代になるのですが縄文時代まで遡ります。
そしてこの時代から祭りや豊作を祝ったりなどの行事ごとで人はお酒をたらふく飲みながらしじみ汁を食べていたのです。
何かあるとお酒を飲んで騒いでいたのでこの頃からしじみ汁は日本人の強い味方だったのでしょう。

特に日本人では昔から日本州などで有名ですかこのお酒好きな人間として海外の人にもよく知られています。
それは現在でも日本人がお酒が好きというのが分かるように肝臓の薬として古くから親しまれてきたのです。
多分この頃からしじみの菅生効果のようなものを自然とわかっていて現在まで薬として受け継がれてきたのでしょう。

それというのも縄文時代には豊作を祝ってお酒を飲み戦国時代には進む前にお酒を飲むというようにお酒と縁のある民族だからです。
ですから昔から貝塚などを見ると分かるように縄文時代からよく蜆が食べられたというのが分かります。
それも現在その貝塚の名残である化石などを見ると蜆の化石もありかなり古くの縄文時代か蜆が食べられてたというのはわかります。
お酒を飲むという事は肝臓を悪くするということになるのでほどほどになれば良いのですがたくさん飲み過ぎたときはこのように蜆汁を食べると良いでしょう。

このページの先頭へ