100個分

縄文時代から健康食品とされているしじみ

卑弥呼と言えば日本人にはなじみの深い人物でいろいろなまじないことや強い力を持っている人物として知られてきました。
そしてこの時代から人々は蜆を採って食べていたのですがこの頃から米を炊いてしじみ汁を食べる習慣http://marketingkariyer.com/itiniti.htmlがあったようですね
縄文時代に日本人は米を作ることを発見したのですがその時にそのこれからお酒を作ることも発見しました。

そして毎日当たり前のように米としじみの味噌汁などを飲むことで大変健康的に過ごしてきたのですがその時はまだ細かい効果は知られていませんでした。
しかしお酒をよく飲みながらこのお味噌汁を飲んでいましたので次第に身体が元気になっていくことには気が付いていたようですね。
はるか昔から中国では薬のように大切にされていたのでこの頃の日本人も同じ様に思ったのでしょう。

そしてしじみ汁というのは現在まで受け継がれてきたのですがずっと昔から食べられてきたのは縄文時代の貝塚にしじみの化石が残っていたというので知られています。
昔の人たちは効果などあまり考えずにしじみを食べていたのですがそれが健康食品と言われるようになったのはもっと後になります。
それから江戸時代明治時代にわたり昭和平成と言うように現在までしじみ汁が受け継がれてきたのです。

このページの先頭へ